リハビリマッサージで打倒野球肩!

けがに強い体づくり

けがに強い体とは?

 

スポーツ選手にとって、けがはやはり避けたい事です。けがをしてしまうと、治療に時間がかかりますし、安静にしていなければいけない期間が長く、運動をしたくてもできないというのが支障になってしまいますし、とても不便になってきてしまいます。しかし、もしも日頃からけがに強い体作りをしていれば、けがをするリスクも低まり、安静にしていなければいけないという事にもならないのです。

 

日々のストレッチがいい。

 

筋肉トレーニングは、ご自宅でも簡単にできる事です。安静にしていなければいけない時でも、適度なストレッチや筋肉トレーニングはやっておきましょう。腹筋や背筋、腕立てやスクワットなど、無理のない程度にやっていく事で、けがに強い体になっていきます。

 

骨や関節を鍛えておくと、けがしにくくなります。また、運動後には、必ず筋肉をもみほぐしておくというのも、とても役立ちます。

 

骨を強化しよう!

 

子供の頃から骨をよく鍛えていた子というのは、骨が丈夫なので、けがも起こしにくいと言えます。子供の頃は、骨もやはりそれだけ軟弱なので、大人の方に比べると、どうしてもけがをしやすくなってしまいます。

 

骨を強化していくためには、カルシウムの多い食品を積極的に摂取したり、日光を浴びたり、適度な運動をする事がいいとされています。骨の弱い老人などが、転倒しやすかったり、けがしやすいのは、骨がよく鍛えられていないからだともいえるのです。